スロットモンキースピン

クラスター錯覚(Clustering illusion)とは何か?認知バイアスがもたらす驚くべき錯覚を解説

2023年11月2日

クラスター錯覚

クラスター錯覚(Clustering illusion)は、認知バイアスや統計的な誤解の一種で、ランダムなデータや出来事がパターンやクラスターのように見える傾向を指します。
クラスター錯覚は、データがランダムに分布するか、または本来のパターンを有していないにもかかわらず、私たちが無意識に意味のあるパターンを見つけようとする心理的な傾向に起因しています。

クラスター錯覚は、統計学や確率論において特に重要な問題であり、統計的なテストやデータ解釈において誤った結論に導く可能性があります。例えば、ランダムなデータセットで偶然にクラスターが形成されているように見え、何か特別な関連性があるかのように解釈されることがあります。

クラスター錯覚を避けるためには、統計的なデータ解析やデータの評価において注意深いアプローチが必要です。ランダムな出来事やデータが偶然にクラスターを形成している可能性を検討し、科学的な手法を用いて結論を導くことが重要です。

コイン投げの結果とクラスター錯覚

クラスター錯覚の代表例がコイン投げの結果の予想です。
コインを何度も投げて表か裏が出る確率を考えるとします。コイン投げは理論的にはランダムな出来事であり、表と裏が出る確率は均等になるはずです。しかし、クラスター錯覚に陥る可能性があります。

たとえば、10回のコイン投げの結果が以下のようになったとします。

これを見たとき、表と裏の出目が交互になっているように見え、何かパターンがあるかのように錯覚するかもしれません。しかし、これはランダムなデータの一例であり、コイン投げの結果は事前にパターン化されているわけではありません。他の10回の試行でまた違った結果が得られる可能性が高いです。

この例は、クラスター錯覚がどのように現れるかを示しています。ランダムなデータに対しても、私たちの脳は意味のあるパターンを見つけようとし、クラスター錯覚が発生することがあります。

クラスター錯覚の関連記事

代表性ヒューリスティック、代表性バイアス

クラスター錯覚はエイモス・トベルスキー(Amos Tversky)ダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman)が発見した代表性ヒューリスティックや代表性バイアスによって生じます。
代表性バイアス(representativeness bias)は、認知のバイアスの一種で、人々が情報やデータを評価する際に特定の特徴やパターンが他の要因よりも強調される傾向を指します。

代表性ヒューリスティックや代表性バイアスについては、下記の記事もご参照ください。

ホットハンドの誤謬

ホットハンドの誤謬は、クラスター錯覚に似た認知バイアスで、成功や失敗などのイベントが連続して起こる傾向があるかのように感じられる誤解を指します。

ホットハンドの誤謬については、下記の記事もご参照ください。

この他の認知バイアス

今回紹介したクラスター錯覚は認知バイアスの1つです。
認知バイアスについては下記の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。